お風呂掃除を簡単にスムーズにしてくれる便利グッズ

浴槽から始まり壁や床に排水溝、小物類もありますので、お風呂は掃除をしないといけない箇所がたくさんあります。日々の清掃を楽にしてくれる便利グッズを利用することで、簡単清掃で快適な空間を維持しやすいです。基本的にお風呂場清掃をする時に必要なのは3種類であり、洗剤とブラシにスポンジがあれば掃除で綺麗をキープできます。隙間に詰まった汚れはブラシで除去ができますし、平面の広い壁や浴槽にはスポンジが大活躍です。

浴槽を効率的に洗うことのできる便利グッズとして、繊維がとても細かいのが特徴の、マイクロファイバーを選ぶようにします。裏表があるタイプなら、片面がマイクロファイバーで、その反対はポリエステルネットになっていると使いやすいです。洗剤を含ませても泡立ちが良いですし、目の粗いのも特徴のポリエステルネットと、マイクロファイバーで綺麗に汚れを落とせます。

スポンジは直に手で持つタイプだけではなく、長さのある持ち手が付いているスポンジもかなりの便利グッズです。伸び縮み可能な長い持ち手付きスポンジがあると、カビが付着をしやすい天井も掃除を簡単にすることができます。高い場所の天井は日ごろから後回しにしやすいですが、長さがあるスポンジなら小まめに汚れを取ることができて、天井まで快適です。

排水溝用の専用ブラシは、形状もこびりついた汚れを隅々まで落とせる設計なので、底部まで落としきることができます。ヌメリが排水溝の嫌なニオイの原因なので、ニオイのもとからスッキリ除去です。

洗剤は色々ありますが、便利グッズとしてもやはり使いたいのは、お風呂用の中性洗剤であり、洗浄力も抜群に良いので掃除もスムーズに進みます。新方式の洗剤も登場をしていて、スプレーを拭きかけて擦らなくても、そのままシャワーで洗い流して汚れを落とせるタイプもあるのでかなり効率的です。黒カビや水垢などの汚れを防止するために、水きりワイパーを入浴後に使うのも良い方法になります。

トイレ掃除を楽にする便利グッズ

トイレを綺麗に使おうとしても、自然と汚れてしまうことが少なくないと言われています。
使用頻度を下げることは難しいため、定期的な掃除をする必要があるかもしれません。
もし快適な環境をキープしたいなら、便利グッズをチェックするといいです。
さまざまなところが掃除をサポートする道具を提供しているので、トイレを綺麗にする時間がない人でも助かることが珍しくありません。
時間をかけて作業すれば清潔感を保てますが、忙しいときは望む状態をキープできないことがあります。
トイレの汚れは放置するほど取り除くのが難しくなる傾向にあるので、手軽に作業できる環境を整えるといいです。
一回に行う作業が減るほど精神的な負担も軽減できるため、負担を軽くできる便利グッズがないかチェックするといいかもしれません。
個人で工夫して掃除をするよりもトイレ専用の便利グッズを活用した方が、時間を短縮できることが少なくないです。
掃除がスムースにできるかでトイレの快適度が左右されるので、早めに便利グッズを探します。
気になる箇所があるなら専用の便利グッズをチェックして、汚れが蓄積しないようにした方がいいかもしれません。
目で見える部分は綺麗に保たれることが多いですが、隠れた箇所は作業できないことが珍しくないです。
そのため掃除が難しいところも楽に作業ができる便利グッズを準備します。
同じような便利グッズでも使い方によっては快適度が異なるため、自宅のトイレにあったサイズかチェックして購入するといいです。
大きすぎると気になるポイントを掃除できないことが珍しくありません。
ゆえに細かい箇所を綺麗にするタイプと、全体を掃除するものを準備すると作業がスムースにできます。
何度も使うことが多いトイレを清潔にすることで、利用者も快適に使えることが少なくないです。
日々の心がけでよい状態を保ちやすくなるため、便利グッズのメリットを活かして心地よい空間を手に入れるといいかもしれません。

排水管掃除と便利グッズについての紹介

排水管を掃除する方法は色々あり、今回はその大まかな方法を紹介します。まず一般的な方法で、洗浄剤を使って汚れを溶かし出す方法です。作業手順としては、最初に排水溝に溜まっているごみを取り除きます。次に排水溝のパーツを外し洗浄剤を適量注ぎます。最後に水が滞りなく流れることを確認できたら終了です。効果を高めるためには、使う洗剤を多めにするのがコツです。

化粧道具や歯ブラシなど、洗浄剤を使っても溶けない異物を詰まらせてしまった場合はスッポンを使うことで引っ張りだすことができます。やり方は、まず排水管にあるフィルターなどの部品を外しむき出しの状態にします。次に、対象物にスッポンを押し当てて勢いをつけて異物を引き抜きます。最後に異物を処分したら終了です。スッポンを使う際には、排水管から汚れが飛び散るのであらかじめビニール袋などを用意しましょう。

上に書かれている二つのやり方でも取れない汚れや異物がある場合は排水管自体を分解するという方法があります。作業方法工法としてまず、ゴム手袋を用意します。次に排水管のカーブの部分を工具を使って取り外します。その後ブラシなどを使って排水管のなかの汚れまたは異物を取り除きます。最後に排水管を元の位置に戻して水漏れしていないことを確認したら終了です。少し手間がかかる分、物理的に掃除ができるのでとてもきれいになります。

ここで上記に記した作業が楽にできるようになる便利グッズを紹介します。まずは洗浄剤のパイプユニッシュプロです。この商品は汚れを落とす際に必要な物質である水酸化ナトリウムの含有量が多く、パワフルな洗浄力が魅力的です。また、コンパクトなボトルタイプなので、常備しやすいのも特徴です。

次にワイヤーブラシのパイプクリーナPR80B-3です。この商品は排水溝にワイヤーを押し込み、回転させながら進ませることで堆積物を取り除けるという物です。特徴としては、軽く短いので、洗う際に手間がかからず邪魔になりにくいことです。

窓の掃除をするときに準備しておきたい便利グッズ

窓の掃除をするときには、雑巾・スポンジ・ブラシなどを使い汚れを落とすのが一般的ですが、そこで困るのが水垂れや拭いた痕跡が残ることです。そんな悩みを解決できる便利グッズが窓用のバキュームクリーナーです。いろんなメーカーから製品が出ていますが形状は皆同じようなものです。ワイパーにバキュームの機械がついているデザインで、片手で扱えます。使い方は簡単で洗浄液をまんべんなく吹き付けて、バキュームクリーナーで吸引をしていくだけです。

窓の掃除は自分の背よりも高いところまで、汚れが落ちるまで力を込めて吹き上げなければきれいになりません。とても手が疲れる仕事です。ところがバキュームクリーナーを使うときには、窓にあてるだけで汚れを吸引できますから、手間を省けて時間の節約にもなります。ただ、コツを掴まないと綺麗に吸引ができないので、経験を積んでいく必要はあります。

吸引した汚れは内蔵しているタンクに貯まるので、それを洗面や風呂場で流せば大丈夫です。ワイパーの部分についた汚れも、水洗いできれいに落とすことが出来ます。一家に一台を備えておきたい逸品です。

それからマンションなど外に出て掃除ができない所の窓に、最適な便利グッズもあります。窓の両面を挟み込んで掃除ができる強力な磁石が埋め込まれたクリーナーです。窓を開けて両面にクリーナーを取り付けて、あとは普通と同じように拭いていきます。こちらのクリーナーを動かせば、磁石でくっついている反対側のクリーナーも一緒に動きます。外側についたホコリや雨の跡などを綺麗に拭き取れますから、これまで手が届かなくて汚れがこびりついており、窓ごしの景色が見えにくかったところも、遠くまで見通すことができます。高いところでの作業だと、反対側に取り付けたクリーナーが落ちたときに人を怪我させたり物を壊すことが心配です。でも、便利グッズはその対策もできています。落下防止用の紐が結びつけあり、作業をする人の手首などにつなげることで地面まで落ちることはありません。

キッチン掃除にお役立ち身近にある便利グッズたち

コンロ周りは油でベタベタになりやすく、シンクは水垢が目立つ、そんなキッチンの掃除は大変ですが、便利グッズを使えば日々のお手入れも快適になります。食品にも使用される安心な重曹は、酸性の汚れを除去するときに大活躍です。人間の身体にもある物質であり、ふくらし粉に使われたり、胃薬や入浴剤でも使われます。

油分がこびりついた五徳は水に重曹を混ぜて、煮洗いをすると汚れが浮きますし、さらに頑固な部分にはそのまま粉を付けて擦ればスッキリです。換気扇フィルターには重曹を水で溶かして、スプレーで拭きかけてハブラシで擦れば簡単に汚れは落ちます。

たわしやスポンジがキッチン清掃には必要ですが、もっと身近な便利グッズを活用しない手はありません。毎日ハミガキをするので定期的に交換をしますが、使い古したハブラシはキッチン掃除に最適です。すでに使用済みで心置きなく清掃に使えますし、柔らかくなり過ぎた毛先はカットすると、新品ハブラシと同じくらいの強い毛先になります。あらゆるキッチンの細かい部分も、ハブラシを使えば簡単にスッキリです。

食品ラップとキッチンペーパーも清掃には重宝をするアイテムであり、気になる部分にはペーパーに洗剤を含ませてのせます。その上から食品ラップをかぶせることで、密封状態のパックになって汚れは浮き出して、落としやすくなるので掃除も楽です。

便利グッズとして使いたいものとして、軍手と手袋もかなり重宝をします。バラバラに使用をすることもできますが、あえてダブル使いをするのがコツです。最初にゴム手袋をつけて、その上から軍手をはめます。するとキッチンのあらゆる部分を、そのままで拭き掃除ができるので、細かい場所の汚れまで逃すことがありません。

手は中にゴム手袋を付けているので、拭き掃除をしても汚れたりしないです。自分の手が直接触れて清掃をすることになるので、綺麗になるのを直に手で感じつつ掃除をすることができます。

100円均一で揃えるキッチン掃除の便利グッズ

毎日使うキッチンを清潔に保つためには、こまめな掃除が必須です。今回は100円均一ショップで購入することができる、便利グッズを紹介します。

まず用意したいのが「メラミンスポンジ」です。100円均一ショップでは、様々な大きさにカットされたメラミンスポンジが売っています。シンクまわりからコンロまわりまで、少し水を付けてこするだけで頑固にこびりついた水アカ汚れやアブラ汚れも簡単に取れてとても気持ちが良くなります。注意したいのが、やわらかい素材のものは傷つく可能性がありますので、かたい部分のところにのみ使うようにしてください。蛇口などもピカピカに磨けるので、いつもシンクに置いておくと良いでしょう。

次におすすめなのが、自然の洗浄成分を含んだ使い捨てのウエットティッシュタイプのクリーナーです。食べ物を扱うキッチンですので、オレンジの皮の成分でアブラが落ちやすくなっているものや、電解水の力で汚れが取れやすくなっているものなど、安心して使える自然の洗浄成分が含まれているものがおすすめです。汚れたときにさっとすぐに拭くことを習慣にすれば、掃除の回数も減らせます。電子レンジの中などもささっと拭いて、いつも綺麗な状態にしておくようにしましょう。

そして意外な使い道があるのが、ラップです。普段は作りおきの食事を保存するために使うことが多いと思いますが、実は掃除にも役立ちます。使い終わったあとのラップは、ぜひ捨てる前にそれを使ってシンクを磨いてみてください。汚れが取れるので、掃除の手間が減ります。また目地にカビなどが発生した場合、カビ取りクリーナーを塗ったあとにラップで覆うようにすると成分がしみ込んでより効果を発揮してくれます。もうひとつ、意外な使い道があるのがアルミホイルです。こちらは丸めて排水溝に入れておくと、抗菌効果がありぬめりを防いでくれます。驚きの使い方ですが、実際にやってみるとその効果に驚くはずです。

100円均一ショップで手頃に掃除の便利グッズを揃えて、いつでも清潔なキッチンを目指しましょう。

この三つだけでOK!トイレ掃除の便利グッズ

いつも清潔にしておきたいトイレですが、掃除するのは正直面倒くさいと感じることも多いです。ですが、便利グッズをいくつか用意しておけば簡単に掃除ができ、いつでも綺麗なトイレをキープすることができます。今回は、これだけあればOK!なグッズを紹介します。

一つ目は、流せるタイプの紙のトイレクリーナーです。こちらは100円均一ショップでも購入することができます。流せないタイプだと、わざわざ捨てに行かないといけなくなり手間がかかりますので、便器にそのまま流せるタイプを選ぶのが衛生的でおすすめです。便器のふちうらをガッツリ掃除できますし、床や便座の部分も拭けて便利です。

二つ目は、発砲タイプの洗浄剤です。こびりついた汚れはなかなか取れませんが、発砲タイプの洗浄剤であれば、汚れをしゅわしゅわと浮かしてくれるので簡単に綺麗になります。少しだけ時間をおいてから流すのがポイントです。こちらは毎回の掃除ではなく、汚れが気になってきたタイミングで使います。ドラッグストアやホームセンターなどで買うのが良いでしょう。

三つ目は、スタンプタイプのクリーナーです。こちらは便器の水が流れる部分に、ぽんぽんとスタンプするようにジェル状態のクリーナーを付ける仕様になっています。このスタンプをしておくだけで、水が流れるたびに薬剤が便器をコートしてくれて、つるっと汚れをはじいてくれるようになります。汚れを予防してくれることで、掃除の回数も減らすことが可能です。良い香りが付いているものが多いので、芳香剤のかわりにもなります。100円均一ショップにも売っていますが、ジェルの粘着力が弱いので、大手メーカーが出しているものを使う方が良いでしょう。

この三つのアイテムがあるだけで、ささっと掃除を済ませることができ、清潔なトイレをキープすることが可能になります。安価で手に入る、使い捨てのグッズなので用意しやすいですし、常に家に置いておくのがおすすめです。

トイレ掃除をする際に持っておきたい便利グッズ

トイレは毎日使う場所のため、基本的には1週間に一度掃除をするのが衛生面で理想です。そこで1週間に一度ペースで掃除をするときに、自身が納得できるレベルできれいにできる便利グッズをジーランキングを参考にいくつか紹介します。最初に一個は持っておきたいグッズがスクラビングバブルトイレ洗浄超強クリーナーです。スクラビングバブルトイレ洗浄超強クリーナーは殺菌及び洗浄力が強い塩素系洗剤で、その特徴はバブルと書かれているように吹き付けると空気を含んだ泡状になります。泡状になった溶剤は吹き付けた場所にとどまるので、塩素系洗剤が便器の表面を覆うことで擦らなくても雑菌によって付着した黒い筋や便そして固まった尿石を浮き上がらせて洗浄してくれるのです。もちろん時間があるときには、一定時間置いた後にブラシで磨くことによってよりきれいに仕上がります。次に持っておきたいグッズに挙げるのが、スクラビングバブル流せるトイレブラシです。スクラビングバブル流せるトイレブラシは取っ手とブラシが分離しているのが特徴で、使用するときには取っ手にブラシを装着することで洗うことができます。このスクラビングバブル流せるトイレブラシの利点としては、常にブラシをきれいな状態で掃除に使えることです。ブラシは一度使ってしまうと、どうしても雑菌が付着してしまいます。そこに水気が残っていると繁殖してしまい、特に小さい子供がいる家庭では衛生面が気になるところです。そこでこのブラシを使うことによって洗浄力自体も独自開発したスポンジによって高いだけでなく、一回使ったら商品名にあるように使い終わったら洗い流すことができるので衛生面でもお得になります。最後に紹介するのが、便器以外を掃除するときに使いたいまめピカ抗菌プラスふき取りクリーナーです。まめピカ抗菌プラスふき取りクリーナーは、殺菌抗菌作用のあるエチルエタノールと界面活性剤と香り成分としてミントの香料を加えています。最大の特徴はトイレットペーパーに吹きかけても破れないので、気軽に吹きたいときに使用する事が出来るのです。

油汚れが多いキッチンの掃除に役立つ便利グッズ

食材や食器を洗うというように、キッチンにおいて高い頻度で利用するのがシンクであり、食材や食器に付着している油分などが流れ落ちるといった特性も相まって頑固な汚れが付着しやすいです。
そのようなシンクを簡単に掃除できる便利グッズとして挙げられるのが酸素系漂白剤であり、酸素系漂白剤を使用するとこすり洗いをせずに綺麗にさせられるので、シンクの表面上に傷を付ける心配もありません。
しかも、酸素系漂白剤は名称にも用いられているように酸素の作用で汚れを浮き上がらせて除去する仕組みなので人体に影響が無く、酸素系漂白剤で掃除した後にシンクに食材が付着しても安心です。
酸素系漂白剤を使用してキッチンのシンクを掃除する場合は、シンク内に水が溜められるように排水口に蓋をし、スプーン2杯分の酸素系漂白剤をシンク内にまんべんなく振り掛けます。
その後は水が溢れない程度に蛇口からシンク内に水を注ぎ入れ、水を溜めた状態で3時間経過した後に流すだけで完了です。
このようにスプーン2杯分の酸素系漂白剤を振りかけて水を溜めておくだけで良いので、外出前に作業を行い帰宅後に排水口の蓋を取れば手間をかけずに掃除が終えられ、多忙な方でも継続的に良い衛生状態が保てます。
また、キッチンにて取り分けて頑固が汚れが付着するのが換気扇であり、調理時に生じた油を含んだ蒸気などが換気扇に付着する事によって著しい油汚れが生じます。
油が多量に付着しているため触れたくないという気持ちが勝り放置してしまう方が少なくなかったり、込み入った箇所が多い設備であるが故に、掃除をしても掃除前と変わらず臭いが生じる事例も多いです。
そこで、キッチンの換気扇の掃除を負担無く済ませられる便利グッズとしてあるのが、換気扇の吸気口に貼り付けるフィルターです。
フィルターは目が細かく、吸い込んだ空気内に含まれている油分などを吸着する事が可能であるため、換気扇の中に油分が付着する事を予防できますし、フィルターを剥がして新しい物を貼り付けるだけで換気扇の掃除が終えられます。

排水管掃除の便利グッズで使える家庭用パイプクリーナー

排水管掃除の便利グッズとして、家庭用パイプクリーナーは大活躍をするアイテムです。パイプの詰まりを強い吸引力で解消をするには、真空式パイプクリーナーが役立ちます。洗面所やバスルームの排水溝に、キッチンの排水溝やトイレにも使用可能です。

アフレ防止穴のある新規や洗面所の場合は、作業前にガムテープなどを貼りふさいでおきます。排水口よ吸引カップには隙間を空けてしまうと、しっかり真空にはならないので注意です。真空にカップの中がなったら、洗浄クリーナーを下方向へ押し付けて、何度か引き手を上下してから、真上に真空ポンプ全体を上げます。

先がブラシになっていたりバネになっているワイヤー式パイプクリーナーも、配水管清掃の便利グッズです。ゴシゴシとパイプ内部をこすり洗いする時には、ブラシタイプが重宝をします。パイプ内の汚れが激しい時なら、使うのはバネのタイプです。グリップにワイヤーとバネを入れて、配水管にばねの先端を入れて回転をさせ押し込み、ワイヤー式パイプクリーナーでは汚れを取ります。

バスルームや雨樋、キッチンの排水口にも利用できるのは、ブラシタイプの洗浄クリーナーです。ブラシ式もバネ式もパイプ内の汚れを取り去ることができるので、そのあとは勢い良く、40度から50度くらいのお湯を流し入れます。お湯が用意できない時には、水でも構いませんので勢いよく流すのがポイントです。

ジョイント式の棒と先端部分で成り立つ屋外用の下水専用クリーナーも、排水管掃除にはお役立ちの便利グッズになります。継ぎ足しをすることで棒により長さが出るので、最大では20mとかなりの長さです。

細長いロケット型やバネ型、ブラシ型など先端部分の形状には種類があります。油カス汚れの除去ならロケット型やバネ型、他の汚れ落としならブラシ型を使用するのが適切です。はじめにバネ型を使用してみてパイプ内で進まないなら、先端をロケット型に変えて使用します。