窓の掃除で重宝する身近な便利グッズ

窓はサッシやゴム、網戸など複数の部品で構成されていますが最も多くの面積を有しているのがガラス面であり、ガラス面は光が透過するからこそ掃除の有無や方法により差異が生じます。
ガラス面を掃除する時に使用すると良い便利グッズは新聞紙が挙げられ、外気温と室温の差異が大きくガラスに結露が生じている場合は、結露の水分を用いて掃除を進めていく事が可能です。
一面分の新聞を手に取って丸め、水気を吸水するイメージで隅々に至るまで拭き上げていく様子がポイントです。
生じている結露が顕著で水分量が多すぎる際には水気を除去できるワイパーで取り除き、反面結露が生じおらず水分が無い事例では丸めた新聞紙に少量の水を含ませてから窓拭きを行い、その後乾いた新聞紙を丸めて乾拭きをしましょう。
ガラス面が完了した後は窓枠に存在しているゴムの掃除に着手し、ゴムは摩擦による傷が生じやすいため、使い古しの毛先が柔らかい歯ブラシを用いて優しく清掃をしていきます。
ガラス面に比較すると清掃を行う頻度は少なくても構いませんが、定期的にクリームクレンザーを使用しながら磨き、カビが発生している様子が見られた際はカビ取り剤を塗布してから水拭きと乾拭きを行います。
そして、窓に備わっている設備で夏場を中心にして活躍する網戸は、網戸ワイパーという便利グッズを使用すると効率的かつ効果的な掃除をする事ができます。
網戸ワイパーは100円ショップで買い求める事ができますし、網戸に接地して汚れを拭き取っていく拭き取りシートにおいても同様に100円ショップで買い求められるので、小さな金銭的な負担のみで準備と掃除が終えられます。
さらにサッシを清掃する場合はブラシと掃除機、片栗粉と塩素系漂白剤を用意しブラシで土埃を掻き出した後に掃除機で吸引します。
サッシにカビが生じている場合はゴムの部位に比較してこびり付いているという特性があるため、カビ取り剤ではなく片栗粉と塩素系漂白剤を混ぜ合わせてペースト状にした物を黒ずみに塗布し、5分が経過した後にティッシュで拭き取って水拭きと乾拭きをすれば完了です。

窓の掃除をするときに準備しておきたい便利グッズ

窓の掃除をするときには、雑巾・スポンジ・ブラシなどを使い汚れを落とすのが一般的ですが、そこで困るのが水垂れや拭いた痕跡が残ることです。そんな悩みを解決できる便利グッズが窓用のバキュームクリーナーです。いろんなメーカーから製品が出ていますが形状は皆同じようなものです。ワイパーにバキュームの機械がついているデザインで、片手で扱えます。使い方は簡単で洗浄液をまんべんなく吹き付けて、バキュームクリーナーで吸引をしていくだけです。

窓の掃除は自分の背よりも高いところまで、汚れが落ちるまで力を込めて吹き上げなければきれいになりません。とても手が疲れる仕事です。ところがバキュームクリーナーを使うときには、窓にあてるだけで汚れを吸引できますから、手間を省けて時間の節約にもなります。ただ、コツを掴まないと綺麗に吸引ができないので、経験を積んでいく必要はあります。

吸引した汚れは内蔵しているタンクに貯まるので、それを洗面や風呂場で流せば大丈夫です。ワイパーの部分についた汚れも、水洗いできれいに落とすことが出来ます。一家に一台を備えておきたい逸品です。

それからマンションなど外に出て掃除ができない所の窓に、最適な便利グッズもあります。窓の両面を挟み込んで掃除ができる強力な磁石が埋め込まれたクリーナーです。窓を開けて両面にクリーナーを取り付けて、あとは普通と同じように拭いていきます。こちらのクリーナーを動かせば、磁石でくっついている反対側のクリーナーも一緒に動きます。外側についたホコリや雨の跡などを綺麗に拭き取れますから、これまで手が届かなくて汚れがこびりついており、窓ごしの景色が見えにくかったところも、遠くまで見通すことができます。高いところでの作業だと、反対側に取り付けたクリーナーが落ちたときに人を怪我させたり物を壊すことが心配です。でも、便利グッズはその対策もできています。落下防止用の紐が結びつけあり、作業をする人の手首などにつなげることで地面まで落ちることはありません。