キッチン掃除がはかどる便利グッズ

毎日使うキッチンはとても汚れやすい場所です。しかしつい掃除をサボりがちになってしまう場所の一つでもあるのです。しかしポイント的に掃除を行うだけで、キッチンに清潔感が生まれます。掃除をする時に便利グッズを使えば、より手軽に綺麗にすることができます。まずおすすめなのが「メラミンスポンジ」です。最近はすっかり掃除道具としてメジャーになりました。このメラミンスポンジで水道の蛇口など、ステンレス部分を磨きましょう。水をつけるだけで洗剤はいりません。軽くこするだけで汚れが落ちて、ピカピカのステンレスに蘇るのです。メラミンスポンジは比較的色々な部分の掃除に使うことができるので、コンロや換気扇掃除などにも役立ちます。

 

見た目の可愛らしい「キッチンブラシ」もなかなか使えます。手のひらサイズのブラシの上に、洗剤入れが付いているアイテムです。ボタンを押すと適量の洗剤が出てくるので、これ一個でシンクやタイルの掃除ができます。洗剤を別に持つ必要がなく、ボタン一つで出してそのままごしごし洗えるのが魅力なのです。カラフルで可愛いデザインが多いので、蛇口付に置いておくだけで気分が上がるでしょう。キッチン周りは食材を扱うため、あまり洗剤などは使いたくないと言う人も多いです。そんな人は「セスキ炭酸ソーダ」を使ってください。霧吹きボトルに入ったタイプが一番便利です。こちらも一般的になっている自然派タイプのクリーナーです。アルカリ性の成分で汚れを分解してくれます。界面活性剤を使っていないので、キッチン周りで使っても安心なのです。洗剤のように泡だったりぬるついたりしないのも良い所です。汚れの気になる場所に吹きかけて、布で軽く拭き取りましょう。驚くほど汚れが落ちるので、さまざまな所で大活躍してくれます。

 

このように手軽で簡単に使える便利グッズがあれば、面倒な掃除も素早く終わります。汚れを放置し過ぎないことも大事なので、できるだけこまめにお手入れをすることも忘れないように。

キッチン掃除をする際の便利グッズ

キッチンは毎日使う場所なので綺麗に清潔に保ちたいと多くの方が思っている場所です。しかし水がはねますし油も飛ぶので、ちょっと放っておいたらこびりついてしまった汚れがなかなあ落ちないという状態になってしまうことも珍しくありません。

キッチン掃除をする際の便利グッズとしておすすめなものの一つ目に、百円ショップで購入できるセスキがあげられます。こちらは油汚れとか血液を落とすということにかなり優れています。5日に一度くらいの頻度でセスキ水を作れば、キッチンで大活躍することは間違いありません。セスキ水をしゅっと汚れにスプレーして、暫くしてから軽くスポンジでこすりそのあとに水をかけるだけでシンクをぴかぴかにすることができます。毎日晩御飯の後にシンク全体にスプレーをするだけで清潔さを保つことが可能です。セスキ水は、小さじ三分の一ほどのセスキに50ミリリットルの水をいれてスプレーボトルに入れるだけで作ることができます。

その他に油汚れが溶けるように落ちると言われているなまはげスプレーも便利グッズの1つです。スプレー洗剤なのでコンロの周りにしゅっとふきかけ少し待っていると、茶色い汚れが浮き上がってくるのが分かります。さらにそれを歯ブラシで擦ると汚れは綺麗に取れます。コンロの油汚れを、金たわしでガシガシ掃除をしている方はよくおられますが、それに比べてもこのなまはげはかなり汚れ落ちが良いです。雑誌とかテレビでも大絶賛されている便利グッズなので、キッチンの油汚れをどうにかしたいと考えている方にはおすすめです。

シンクの水垢を取ってくれる便利グッズはその他にもあります。それは100円ショップで販売されているお酢でお掃除というスプレーです。こちらも安いですし、汚れの気になるところに15センチほど放してスプレーをしその後スポンジなどで優しく擦って水で洗い流すか水拭きでも大丈夫です。これをするだけでシンクは一気に綺麗になります。

キッチン掃除にお役立ち身近にある便利グッズたち

コンロ周りは油でベタベタになりやすく、シンクは水垢が目立つ、そんなキッチンの掃除は大変ですが、便利グッズを使えば日々のお手入れも快適になります。食品にも使用される安心な重曹は、酸性の汚れを除去するときに大活躍です。人間の身体にもある物質であり、ふくらし粉に使われたり、胃薬や入浴剤でも使われます。

油分がこびりついた五徳は水に重曹を混ぜて、煮洗いをすると汚れが浮きますし、さらに頑固な部分にはそのまま粉を付けて擦ればスッキリです。換気扇フィルターには重曹を水で溶かして、スプレーで拭きかけてハブラシで擦れば簡単に汚れは落ちます。

たわしやスポンジがキッチン清掃には必要ですが、もっと身近な便利グッズを活用しない手はありません。毎日ハミガキをするので定期的に交換をしますが、使い古したハブラシはキッチン掃除に最適です。すでに使用済みで心置きなく清掃に使えますし、柔らかくなり過ぎた毛先はカットすると、新品ハブラシと同じくらいの強い毛先になります。あらゆるキッチンの細かい部分も、ハブラシを使えば簡単にスッキリです。

食品ラップとキッチンペーパーも清掃には重宝をするアイテムであり、気になる部分にはペーパーに洗剤を含ませてのせます。その上から食品ラップをかぶせることで、密封状態のパックになって汚れは浮き出して、落としやすくなるので掃除も楽です。

便利グッズとして使いたいものとして、軍手と手袋もかなり重宝をします。バラバラに使用をすることもできますが、あえてダブル使いをするのがコツです。最初にゴム手袋をつけて、その上から軍手をはめます。するとキッチンのあらゆる部分を、そのままで拭き掃除ができるので、細かい場所の汚れまで逃すことがありません。

手は中にゴム手袋を付けているので、拭き掃除をしても汚れたりしないです。自分の手が直接触れて清掃をすることになるので、綺麗になるのを直に手で感じつつ掃除をすることができます。

100円均一で揃えるキッチン掃除の便利グッズ

毎日使うキッチンを清潔に保つためには、こまめな掃除が必須です。今回は100円均一ショップで購入することができる、便利グッズを紹介します。

まず用意したいのが「メラミンスポンジ」です。100円均一ショップでは、様々な大きさにカットされたメラミンスポンジが売っています。シンクまわりからコンロまわりまで、少し水を付けてこするだけで頑固にこびりついた水アカ汚れやアブラ汚れも簡単に取れてとても気持ちが良くなります。注意したいのが、やわらかい素材のものは傷つく可能性がありますので、かたい部分のところにのみ使うようにしてください。蛇口などもピカピカに磨けるので、いつもシンクに置いておくと良いでしょう。

次におすすめなのが、自然の洗浄成分を含んだ使い捨てのウエットティッシュタイプのクリーナーです。食べ物を扱うキッチンですので、オレンジの皮の成分でアブラが落ちやすくなっているものや、電解水の力で汚れが取れやすくなっているものなど、安心して使える自然の洗浄成分が含まれているものがおすすめです。汚れたときにさっとすぐに拭くことを習慣にすれば、掃除の回数も減らせます。電子レンジの中などもささっと拭いて、いつも綺麗な状態にしておくようにしましょう。

そして意外な使い道があるのが、ラップです。普段は作りおきの食事を保存するために使うことが多いと思いますが、実は掃除にも役立ちます。使い終わったあとのラップは、ぜひ捨てる前にそれを使ってシンクを磨いてみてください。汚れが取れるので、掃除の手間が減ります。また目地にカビなどが発生した場合、カビ取りクリーナーを塗ったあとにラップで覆うようにすると成分がしみ込んでより効果を発揮してくれます。もうひとつ、意外な使い道があるのがアルミホイルです。こちらは丸めて排水溝に入れておくと、抗菌効果がありぬめりを防いでくれます。驚きの使い方ですが、実際にやってみるとその効果に驚くはずです。

100円均一ショップで手頃に掃除の便利グッズを揃えて、いつでも清潔なキッチンを目指しましょう。

油汚れが多いキッチンの掃除に役立つ便利グッズ

食材や食器を洗うというように、キッチンにおいて高い頻度で利用するのがシンクであり、食材や食器に付着している油分などが流れ落ちるといった特性も相まって頑固な汚れが付着しやすいです。
そのようなシンクを簡単に掃除できる便利グッズとして挙げられるのが酸素系漂白剤であり、酸素系漂白剤を使用するとこすり洗いをせずに綺麗にさせられるので、シンクの表面上に傷を付ける心配もありません。
しかも、酸素系漂白剤は名称にも用いられているように酸素の作用で汚れを浮き上がらせて除去する仕組みなので人体に影響が無く、酸素系漂白剤で掃除した後にシンクに食材が付着しても安心です。
酸素系漂白剤を使用してキッチンのシンクを掃除する場合は、シンク内に水が溜められるように排水口に蓋をし、スプーン2杯分の酸素系漂白剤をシンク内にまんべんなく振り掛けます。
その後は水が溢れない程度に蛇口からシンク内に水を注ぎ入れ、水を溜めた状態で3時間経過した後に流すだけで完了です。
このようにスプーン2杯分の酸素系漂白剤を振りかけて水を溜めておくだけで良いので、外出前に作業を行い帰宅後に排水口の蓋を取れば手間をかけずに掃除が終えられ、多忙な方でも継続的に良い衛生状態が保てます。
また、キッチンにて取り分けて頑固が汚れが付着するのが換気扇であり、調理時に生じた油を含んだ蒸気などが換気扇に付着する事によって著しい油汚れが生じます。
油が多量に付着しているため触れたくないという気持ちが勝り放置してしまう方が少なくなかったり、込み入った箇所が多い設備であるが故に、掃除をしても掃除前と変わらず臭いが生じる事例も多いです。
そこで、キッチンの換気扇の掃除を負担無く済ませられる便利グッズとしてあるのが、換気扇の吸気口に貼り付けるフィルターです。
フィルターは目が細かく、吸い込んだ空気内に含まれている油分などを吸着する事が可能であるため、換気扇の中に油分が付着する事を予防できますし、フィルターを剥がして新しい物を貼り付けるだけで換気扇の掃除が終えられます。