排水管を掃除する際の便利グッズ

キッチンとか洗面所など、水周りで流れが悪いと感じた場合にはもしかすると排水管が汚れているのかもしれません。目に見えない場所なので、なかなか掃除をしようという意識が向かない場所でもありますが、定期的にお手入れをすることが大事です。

目で見ることができませんし手も届かない場所の排水管を掃除する際の便利グッズの1つに、パイプユニッシュがあげられます。こちらはパイプ用の洗浄剤なので、簡単に汚れを落とすことが可能です。使い方もとても簡単なので、若い方かたお年寄りまで気軽に使うことができます。

 

まず排水口を掃除してたまっているゴミを取り除きます。これをしないと、ゴミが排水管に流れ込んでいって詰まってしまう恐れがあるからです。その後にパイプユニッシュを適量注ぎます。がんこな汚れもしっかりと分解するように、たっぷりと洗剤を入れることがコツになります。洗剤を入れたら、30分ほど待って放置をし、汚れを溶かしてくれるのも待ちます。最後は水が流れるかを確認しないといけないので、水を注ぎ入れて流れることが確認できたら終わりです。一度で水の流れが完全に戻らないという時には、2回にわけて汚れを落す方法もあります。効果を高めるために、洗剤を多めに使うのと放置時間を長めにするというのはおすすめの方法です。

 

その他の排水管の掃除方法ですが、排水管洗浄用のホースが売っていますので、それを使用するのもおすすめです。
排水管洗浄ホースを探すのが面倒だという方はこちらで購入できますので、利用してみてはいかがでしょうか?
https://www.total516.jp/products/list?category_id=91
長さやホースの形状など様々ありますので、おうちの排水管に合わせて選ぶことができますよ。

あとはスッポンで吸い出すという方法もあります。化粧品のふたとか洗剤で溶かすことができない異物を流してしまった時には、トイレのつまりを解消するためのラバーカップを使うと効果的です。使い方は、フィルターなどの部品を外して排水管をむき出しにします。そして、スッポンを排水口にゆっくりと押し付けて密着させます。その後に勢いよく引き上げることで、中の汚れとか異物を引き上げることができますし、取れない場合はこれをくりかえすとたいていは取ることができます。最後は異物や汚れをビニール袋などにいれて回収して流したら完了です。

排水管掃除と便利グッズについての紹介

排水管を掃除する方法は色々あり、今回はその大まかな方法を紹介します。まず一般的な方法で、洗浄剤を使って汚れを溶かし出す方法です。作業手順としては、最初に排水溝に溜まっているごみを取り除きます。次に排水溝のパーツを外し洗浄剤を適量注ぎます。最後に水が滞りなく流れることを確認できたら終了です。効果を高めるためには、使う洗剤を多めにするのがコツです。

化粧道具や歯ブラシなど、洗浄剤を使っても溶けない異物を詰まらせてしまった場合はスッポンを使うことで引っ張りだすことができます。やり方は、まず排水管にあるフィルターなどの部品を外しむき出しの状態にします。次に、対象物にスッポンを押し当てて勢いをつけて異物を引き抜きます。最後に異物を処分したら終了です。スッポンを使う際には、排水管から汚れが飛び散るのであらかじめビニール袋などを用意しましょう。

上に書かれている二つのやり方でも取れない汚れや異物がある場合は排水管自体を分解するという方法があります。作業方法工法としてまず、ゴム手袋を用意します。次に排水管のカーブの部分を工具を使って取り外します。その後ブラシなどを使って排水管のなかの汚れまたは異物を取り除きます。最後に排水管を元の位置に戻して水漏れしていないことを確認したら終了です。少し手間がかかる分、物理的に掃除ができるのでとてもきれいになります。

ここで上記に記した作業が楽にできるようになる便利グッズを紹介します。まずは洗浄剤のパイプユニッシュプロです。この商品は汚れを落とす際に必要な物質である水酸化ナトリウムの含有量が多く、パワフルな洗浄力が魅力的です。また、コンパクトなボトルタイプなので、常備しやすいのも特徴です。

次にワイヤーブラシのパイプクリーナPR80B-3です。この商品は排水溝にワイヤーを押し込み、回転させながら進ませることで堆積物を取り除けるという物です。特徴としては、軽く短いので、洗う際に手間がかからず邪魔になりにくいことです。

排水管掃除の便利グッズで使える家庭用パイプクリーナー

排水管掃除の便利グッズとして、家庭用パイプクリーナーは大活躍をするアイテムです。パイプの詰まりを強い吸引力で解消をするには、真空式パイプクリーナーが役立ちます。洗面所やバスルームの排水溝に、キッチンの排水溝やトイレにも使用可能です。

アフレ防止穴のある新規や洗面所の場合は、作業前にガムテープなどを貼りふさいでおきます。排水口よ吸引カップには隙間を空けてしまうと、しっかり真空にはならないので注意です。真空にカップの中がなったら、洗浄クリーナーを下方向へ押し付けて、何度か引き手を上下してから、真上に真空ポンプ全体を上げます。

先がブラシになっていたりバネになっているワイヤー式パイプクリーナーも、配水管清掃の便利グッズです。ゴシゴシとパイプ内部をこすり洗いする時には、ブラシタイプが重宝をします。パイプ内の汚れが激しい時なら、使うのはバネのタイプです。グリップにワイヤーとバネを入れて、配水管にばねの先端を入れて回転をさせ押し込み、ワイヤー式パイプクリーナーでは汚れを取ります。

バスルームや雨樋、キッチンの排水口にも利用できるのは、ブラシタイプの洗浄クリーナーです。ブラシ式もバネ式もパイプ内の汚れを取り去ることができるので、そのあとは勢い良く、40度から50度くらいのお湯を流し入れます。お湯が用意できない時には、水でも構いませんので勢いよく流すのがポイントです。

ジョイント式の棒と先端部分で成り立つ屋外用の下水専用クリーナーも、排水管掃除にはお役立ちの便利グッズになります。継ぎ足しをすることで棒により長さが出るので、最大では20mとかなりの長さです。

細長いロケット型やバネ型、ブラシ型など先端部分の形状には種類があります。油カス汚れの除去ならロケット型やバネ型、他の汚れ落としならブラシ型を使用するのが適切です。はじめにバネ型を使用してみてパイプ内で進まないなら、先端をロケット型に変えて使用します。