排水管掃除と便利グッズについての紹介

排水管を掃除する方法は色々あり、今回はその大まかな方法を紹介します。まず一般的な方法で、洗浄剤を使って汚れを溶かし出す方法です。作業手順としては、最初に排水溝に溜まっているごみを取り除きます。次に排水溝のパーツを外し洗浄剤を適量注ぎます。最後に水が滞りなく流れることを確認できたら終了です。効果を高めるためには、使う洗剤を多めにするのがコツです。

化粧道具や歯ブラシなど、洗浄剤を使っても溶けない異物を詰まらせてしまった場合はスッポンを使うことで引っ張りだすことができます。やり方は、まず排水管にあるフィルターなどの部品を外しむき出しの状態にします。次に、対象物にスッポンを押し当てて勢いをつけて異物を引き抜きます。最後に異物を処分したら終了です。スッポンを使う際には、排水管から汚れが飛び散るのであらかじめビニール袋などを用意しましょう。

上に書かれている二つのやり方でも取れない汚れや異物がある場合は排水管自体を分解するという方法があります。作業方法工法としてまず、ゴム手袋を用意します。次に排水管のカーブの部分を工具を使って取り外します。その後ブラシなどを使って排水管のなかの汚れまたは異物を取り除きます。最後に排水管を元の位置に戻して水漏れしていないことを確認したら終了です。少し手間がかかる分、物理的に掃除ができるのでとてもきれいになります。

ここで上記に記した作業が楽にできるようになる便利グッズを紹介します。まずは洗浄剤のパイプユニッシュプロです。この商品は汚れを落とす際に必要な物質である水酸化ナトリウムの含有量が多く、パワフルな洗浄力が魅力的です。また、コンパクトなボトルタイプなので、常備しやすいのも特徴です。

次にワイヤーブラシのパイプクリーナPR80B-3です。この商品は排水溝にワイヤーを押し込み、回転させながら進ませることで堆積物を取り除けるという物です。特徴としては、軽く短いので、洗う際に手間がかからず邪魔になりにくいことです。

窓の掃除をするときに準備しておきたい便利グッズ

窓の掃除をするときには、雑巾・スポンジ・ブラシなどを使い汚れを落とすのが一般的ですが、そこで困るのが水垂れや拭いた痕跡が残ることです。そんな悩みを解決できる便利グッズが窓用のバキュームクリーナーです。いろんなメーカーから製品が出ていますが形状は皆同じようなものです。ワイパーにバキュームの機械がついているデザインで、片手で扱えます。使い方は簡単で洗浄液をまんべんなく吹き付けて、バキュームクリーナーで吸引をしていくだけです。

窓の掃除は自分の背よりも高いところまで、汚れが落ちるまで力を込めて吹き上げなければきれいになりません。とても手が疲れる仕事です。ところがバキュームクリーナーを使うときには、窓にあてるだけで汚れを吸引できますから、手間を省けて時間の節約にもなります。ただ、コツを掴まないと綺麗に吸引ができないので、経験を積んでいく必要はあります。

吸引した汚れは内蔵しているタンクに貯まるので、それを洗面や風呂場で流せば大丈夫です。ワイパーの部分についた汚れも、水洗いできれいに落とすことが出来ます。一家に一台を備えておきたい逸品です。

それからマンションなど外に出て掃除ができない所の窓に、最適な便利グッズもあります。窓の両面を挟み込んで掃除ができる強力な磁石が埋め込まれたクリーナーです。窓を開けて両面にクリーナーを取り付けて、あとは普通と同じように拭いていきます。こちらのクリーナーを動かせば、磁石でくっついている反対側のクリーナーも一緒に動きます。外側についたホコリや雨の跡などを綺麗に拭き取れますから、これまで手が届かなくて汚れがこびりついており、窓ごしの景色が見えにくかったところも、遠くまで見通すことができます。高いところでの作業だと、反対側に取り付けたクリーナーが落ちたときに人を怪我させたり物を壊すことが心配です。でも、便利グッズはその対策もできています。落下防止用の紐が結びつけあり、作業をする人の手首などにつなげることで地面まで落ちることはありません。