油汚れが多いキッチンの掃除に役立つ便利グッズ

食材や食器を洗うというように、キッチンにおいて高い頻度で利用するのがシンクであり、食材や食器に付着している油分などが流れ落ちるといった特性も相まって頑固な汚れが付着しやすいです。
そのようなシンクを簡単に掃除できる便利グッズとして挙げられるのが酸素系漂白剤であり、酸素系漂白剤を使用するとこすり洗いをせずに綺麗にさせられるので、シンクの表面上に傷を付ける心配もありません。
しかも、酸素系漂白剤は名称にも用いられているように酸素の作用で汚れを浮き上がらせて除去する仕組みなので人体に影響が無く、酸素系漂白剤で掃除した後にシンクに食材が付着しても安心です。
酸素系漂白剤を使用してキッチンのシンクを掃除する場合は、シンク内に水が溜められるように排水口に蓋をし、スプーン2杯分の酸素系漂白剤をシンク内にまんべんなく振り掛けます。
その後は水が溢れない程度に蛇口からシンク内に水を注ぎ入れ、水を溜めた状態で3時間経過した後に流すだけで完了です。
このようにスプーン2杯分の酸素系漂白剤を振りかけて水を溜めておくだけで良いので、外出前に作業を行い帰宅後に排水口の蓋を取れば手間をかけずに掃除が終えられ、多忙な方でも継続的に良い衛生状態が保てます。
また、キッチンにて取り分けて頑固が汚れが付着するのが換気扇であり、調理時に生じた油を含んだ蒸気などが換気扇に付着する事によって著しい油汚れが生じます。
油が多量に付着しているため触れたくないという気持ちが勝り放置してしまう方が少なくなかったり、込み入った箇所が多い設備であるが故に、掃除をしても掃除前と変わらず臭いが生じる事例も多いです。
そこで、キッチンの換気扇の掃除を負担無く済ませられる便利グッズとしてあるのが、換気扇の吸気口に貼り付けるフィルターです。
フィルターは目が細かく、吸い込んだ空気内に含まれている油分などを吸着する事が可能であるため、換気扇の中に油分が付着する事を予防できますし、フィルターを剥がして新しい物を貼り付けるだけで換気扇の掃除が終えられます。

排水管掃除の便利グッズで使える家庭用パイプクリーナー

排水管掃除の便利グッズとして、家庭用パイプクリーナーは大活躍をするアイテムです。パイプの詰まりを強い吸引力で解消をするには、真空式パイプクリーナーが役立ちます。洗面所やバスルームの排水溝に、キッチンの排水溝やトイレにも使用可能です。

アフレ防止穴のある新規や洗面所の場合は、作業前にガムテープなどを貼りふさいでおきます。排水口よ吸引カップには隙間を空けてしまうと、しっかり真空にはならないので注意です。真空にカップの中がなったら、洗浄クリーナーを下方向へ押し付けて、何度か引き手を上下してから、真上に真空ポンプ全体を上げます。

先がブラシになっていたりバネになっているワイヤー式パイプクリーナーも、配水管清掃の便利グッズです。ゴシゴシとパイプ内部をこすり洗いする時には、ブラシタイプが重宝をします。パイプ内の汚れが激しい時なら、使うのはバネのタイプです。グリップにワイヤーとバネを入れて、配水管にばねの先端を入れて回転をさせ押し込み、ワイヤー式パイプクリーナーでは汚れを取ります。

バスルームや雨樋、キッチンの排水口にも利用できるのは、ブラシタイプの洗浄クリーナーです。ブラシ式もバネ式もパイプ内の汚れを取り去ることができるので、そのあとは勢い良く、40度から50度くらいのお湯を流し入れます。お湯が用意できない時には、水でも構いませんので勢いよく流すのがポイントです。

ジョイント式の棒と先端部分で成り立つ屋外用の下水専用クリーナーも、排水管掃除にはお役立ちの便利グッズになります。継ぎ足しをすることで棒により長さが出るので、最大では20mとかなりの長さです。

細長いロケット型やバネ型、ブラシ型など先端部分の形状には種類があります。油カス汚れの除去ならロケット型やバネ型、他の汚れ落としならブラシ型を使用するのが適切です。はじめにバネ型を使用してみてパイプ内で進まないなら、先端をロケット型に変えて使用します。